横浜の福和会(さくらクリニック)では在宅医療(訪問診療)を行っております。医師・看護師・社会福祉士・ケアマネージャー・医療事務の求人募集中です。

横浜の福和会(さくらクリニック)では在宅医療(訪問診療)を行っております。医師・看護師・社会福祉士・ケアマネージャー・医療事務の求人募集中です。

医師採用

1.在宅医療の豊富な実績とノウハウ

当クリニックは在宅医療が今日ほど普及する以前の2000年から全国に先駆けて開院し、地域の皆様からご愛顧を頂き続けております。今後ますますと必要とされていくであろう在宅医療のノウハウをさくらクリニックで存分に学びスキルアップに繋げて下さい。また在宅医療に特化した電子カルテを使用しております。カルテや書類作成などスムーズです。

2.高待遇でお出迎え

患者様により良い医療を提供しようと考えた時、医師一人一人に正当な評価をし、納得いく形で医療の現場に真摯に取り組んで欲しい。それが地域医療の貢献へと繋がり、患者様並びにご家族そしてスタッフと福和会が共に歩み続ける道だと考えます。

3.週3~の日勤で当直オンコールなし

福和会では他医療機関との連携により日勤のみの勤務を整えております。在宅医療の現場では夜間オンコールがあり、いつなんどき呼び出されるかわかないという緊張感が常でしたが、連携をとることで解消いたしました。また、産休・育休の取得実績・有給消化など、働きやすい環境が有りワークライフバランスに配慮しております。

訪問診療の医師業務について

□社会的なニーズ
在宅医療に尽力する医師に対するニーズは年々増加傾向にあり今後も更なる高齢者社会を迎える日本において、ますます必要とされている分野の一つと言えるでしょう。
特に訪問診療(在宅医療)は2025年をピークに団塊世代が75才以上の後期高齢者となる超高齢者社会その後の多死社会において、現状の病院やクリニックの病床数でカバーし切れない状況を補い、より安定した在宅療養を支える役割として重要視されています。

□在宅診療所の動き
訪問診療(在宅医療)の医師の一日の仕事始めは、朝のカンファレンスにて医師・看護師・相談員・医療事務が一同に顔を合わせてから始まります。まず、その日に訪問する患者様の状態や1日に訪問するスケジュールを確認します。その後、訪問診療へ医師、看護師、ドライバーのチームで出発致します。
一般的な病院勤務やクリニック勤務の医師は通院や入院の患者様の対応がメインですが、在宅診療所では住み慣れた地域で最期まで過ごしたいという患者様やご家族様のご要望に対して、医師の診療計画に基づいたスケジュールにて月に2回の訪問を基本とした業務が主となります。また患者様の状態の変化に応じて往診を行います。
上記、患者様の気持ちにお応えする為にも、介護事業所(ケアマネージャーや訪問看護師)や行政との連携も欠かせません。
横浜市で訪問診療の医師業務にご興味ございます求職者様がいらっしゃいましたら、求人募集中の医療法人福和会にまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

1日の流れ

9:00 カンファレンス
・1日の診療スケジュール確認
・新規患者様の情報共有など
9:30 メンバーと患者様宅へ出発
11:30 帰院
カルテ・書類作成
12:00 お昼休憩
13:00 メンバーと患者様宅へ出発
16:30 帰院
処方箋や書類業務
17:45 終業前カンファレンス
18:00 終業

在宅医療医師の求人募集要項

募集科目 内科を中心とした在宅での全身管理が中心となります。
○一般内科・外科
(総合内科、形成外科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、内分泌内科、麻酔科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科、リハビリテーション科、脳神経外科、心臓血管外科、血液内科、リウマチ科、救急救命科など)

○非常勤の場合は精神科・心療内科・皮膚科も含む

幅広い専門の先生が活躍しております
仕事内容の詳細 ○医師・看護師・ドライバーの3名体制での在宅診療
○内科を中心とした全身管理
【診療内容】
担当件数:平均12件程度(個人宅6割、施設、往診)
看取り対応:平均10~20件程度/年(1クリニックあたり)
訪問体制:基本的な訪問体制3名(医師、運転手、看護師)但し、看護師の同行無い場合もあります。
診療内容例 【診療範囲】
診察、処置、処方、各種検査(心電図・血液検査・尿検査)、医学管理(在宅酸素療法、在宅中心静脈栄養法(IVH)、人工呼吸器、気管切開、留置バルーンカテーテル、胃ろう)、疼痛管理、ターミナルケア。

上記について、患者様の日常生活全般に配慮した診療を行います。
クリニックで行えない検査については連携病院に依頼して検査を行います。
勤務地 南横浜さくらクリニック住所/神奈川県横浜市南区別所1-2-5-3F
横浜市営地下鉄「弘明寺駅」・京浜急行「上大岡駅」より徒歩7分
勤務形態 常勤・非常勤
勤務時間 月曜日〜日曜日:9:00〜18:00(休憩1時間含む)
院長職・常勤医の場合は基本週5日(週4日~の相談可)で夜間オンコールなしの日勤帯のご勤務です! 非常勤の方は週1からの勤務可能!
休日 応相談(シフトによる)
休暇 夏季(週休含む最大7日)、年末年始、法定有給休暇(半年で10日)、産前・産後休暇、育児休暇。
産休や育休の取得実績もございます。
年次有給休暇 法定通り
給与 【常勤医師】
週5日(週4日応相談)
年収1900万円/週5日を目安とする

【管理医】
お問い合わせ下さい。

【非常勤医師】
1日8万円~10万円
*医歴、ご経験などを考慮して給与調整
昇給 年1回、診療報酬やその他を考慮して調整
交通費 別途支給
マイカー通勤応相談(実績有)
給与支払方法 賃金締切日:毎月10日 賃金支払日:当月25日
赴任手当 応相談(参考支給 200,000円迄)
学会出席 出張扱い(有給)・年1回まで・参加補助あり
各種保険 健康保険:有 厚生年金:有 労災保険:有
採用予定日 入職日応相談。大々的に募集中のため即採用可能です。
応募方法 1. お電話もしくはメールフォームより、お問い合わせ下さい。
2. ご都合の良いお日にちに面接を行います。
3. 雇用条件などは面接時にご確認下さい。

横浜市の高齢者の現状

現在、横浜市内の高齢者は約82万人であり、平成22年国勢調査結果によると、約13.2万人は一人暮らし世帯、約15.1万世帯(約30.2万人)は65歳以上の夫婦世帯です。また、82.1万人中の83.3%、68.4万人の方は要介護認定受けずに生活されています。一方、13.7万人、16.7%の方は要介護認定者で、そのうち55.0%の方には何らかの支援や介護の必要な認知症があると思われます。
そういった中で、横浜市の第6期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画における基本目標を「生涯現役社会の実現に向けた高齢者の活躍できる地域づくりと、住み慣れた地域で自分らしく日常生活を営むことができる横浜型地域包括ケアシステムの展開」としています。
当クリニックも、地域の訪問診療を必要とされている方々へサービスが届られるように、法人全体で取り組んでおります。
横浜市の在宅診療にご興味があられる先生がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。
※1 出典: 第6期 横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kourei/kyoutuu/jourei/jigyoukeikaku/dai6ki-keikaku/

お問合わせフォーム